ニキビを治す薬 ディフェリンゲル

ニキビ治療に革命がおきたとまで言われたニキビ治療薬、それが「ディフェリンゲル」です。そもそもニキビができたときにお医者さんに診てもらうという人は10%もいませんでした。ところがこの薬品「ディフェリンゲル」は医薬品としてお医者さんで処方される為「ニキビは皮膚科へ」という考え方が広まったといっても過言ではないでしょう。

このディフェリンゲル、作用としては角質の生成を抑制します。角質が作られないと肌のターンオーバーによって皮膚がどんどん薄くなり、毛穴の角質層のつまりによってできていたニキビが改善されるというものです。

ただ、このディフェリンゲルは大きな問題を持っています。それは「副作用」です。厳密にいうと薬の副作用とはニュアンスが少し違い、ディフェリンゲルによってニキビが治る過程で出てしまういわば随伴症状なのです。その症状は様々で痒みが出る、ピリピリする、乾燥する、皮膚がむける等々様々ですが、だいたい1,2か月で落ち着き快方へ向かいます。唯一アレルギーによる赤みが出た場合は治療を断念せざる負えませんので、随伴症状と思われる症状が出たら、我慢のしどころなのか、これ以上続けてはいけない信号なのかはお医者さんに診てもらうといいでしょう。
001

ニキビを治す買えるお薬

実績と効果で選ぶならクレアラシル

洗顔や化粧水でニキビに効くtうたっているものはたくさんありますがこれらを使う目的はあくまでもニキビの予防です。出来てしまったニキビに一番効果的なのはやはり「お薬」なのです。

いろいろありますが、手軽に購入できて効果もあるのはやはり「クレアラシル」が有名ですよね。クレアラシルの日本での発売が始まったのは、なんと1960年、いまから50年以上前それだけの年月を経てもいまだに発売されているということはそれだけ実績があり効果があるということ。いまでこそいろんなニキビ治療薬が発売されていますけど、やはり一番安心できる塗り薬ではないでしょうか。

クレアラシルシリーズは
●ニキビ治療クリーム(第2類医薬品、製造販売元:明治薬品)
 クレアラシル ニキビ治療薬クリーム(レギュラータイプ)
 クレアラシル ニキビ治療薬クリーム(肌色タイプ)
●集中ケア(医薬部外品)
クレアラシル 薬用アクネジェル
●洗顔フォーム(医薬部外品)
クレアラシル 薬用洗顔フォーム10×
クレアラシル 薬用洗顔フォーム(マイルドタイプ)
クレアラシル 薬用泡洗顔フォーム10×
クレアラシル 薬用泡洗顔フォーム(マイルドタイプ)
●化粧水(医薬部外品)
クレアラシル 薬用アクネローション
●その他(医薬部外品)
オトナ肌対策クレアラシル薬用アクネジェル
と、非常にたくさんありますが、はっきり言って洗顔フォームやローションはほかにイイものがたくさんあります。クレアラシルシリーズで出ているものも悪くはありませんが「医薬部外品」ですし他のものでもOKです。使ってほしいのは一番上の「医薬品」指定のニキビ治療クリームです。

ただし、注意点を一つ。人の皮膚っていうのは千差万別でクレアラシルが合わない人も当然存在します。皮膚がめくれたり、赤くなったり、ひどいかゆみが出た時はすぐに使用をやめて、かならずお医者さんに相談してください。

サルファ・レゾルジン処方
昔のCMをご存知の方にはなつかしい響きだと思います。昔のクレアラシルのCMでキャッチフレーズとして使われていました。このサルファ・レゾルジン処方がクレアラシルの特徴です。
「サルファ」これは硫黄の事です。皮膚の角質を軟化させ、皮脂を吸収し、殺菌する作用があります。
「レゾルジン」にはアクネ菌の殺菌、角質を軟化、除去する作用があり、毛穴を綺麗にする効果があります。この2つの効能でニキビを鎮め治していきます。

◆大人ニキビにおすすめのコスメ

「フジフィルムルナメアAC」
トライアルセット

テレビCMで有名なアスタリフトを開発した富士フィルムがその高い技術力で生み出した大人ニキビ専用のコスメラインナップがこの「ルナメアAC」です。
ビーグレンもそうですが、このルナメアも特筆すべきはその浸透テクノロジーナノレベルの技術でニキビの予防成分と潤いをお肌の奥まで届けます。この価格でこの技術はマジでスゴイと思います。洗顔、化粧水、ジェルクリームのスリーステップトライアルセットも送料無料でわずか税別1000円。トライアルのお手本ですね。ぜひ試してみてください。
フジフィルムルナメア公式ページで詳細を見る⇒

「ビーグレン大人ニキビ改善プログラム」
トライアルセット

基本的に店頭販売無し。ネット販売のみでその知名度と実績をグングン伸ばしているサイエンスコスメ「ビーグレン」。特にこのニキビケアセットは定評があります。
極超微粒子である「モンモリロナイト」を含んだ洗顔は毛穴の奥まで到達して適正な油分を残しつつ汚れや古い角質を除去します。
ビタミンCの美容液にはもともと皮膚がん患者の患部へしっかりと薬品を浸透させる医療技術が応用されており、有効成分を肌の奥まで届けます。
もともとアメリカ生まれのコスメですが、日本人の肌にマッチするように成分調整されているのもポイントが高いです。実は私が愛用しているのがこのビーグレン。使えば実感できるので大好きです。当然トライアルセットが用意されていますので低価格で自分の肌に合うかどうか試してみることができます。
ビーグレン公式ページで詳細を見る⇒